image


1stDvでローマ、インテルと対戦。
ローマで初失点。逆風でしたが盛り返し連勝継続です。

image


レンクさん。これがラインブレイクの威力です。僕が言うから多分間違いない。バッジョが活きるのはラインブレイク。

控えと守備陣。

image


サイドからのクロスを使わないからこんなもんでしょう。

image


侮るなかれの攻撃性能。
トップ下やや左寄りがベスポジ。バッジョを活かす意味ではハムシクより優秀です。
なぜなら自ら打つよりパスを選択するから。

image


ヒゲの方。弟よりは守備の人。両フィリッピーニは高望みしなければSBも務まります。不満はちびってことくらいです。しつこいプレスに堅実なパス。意外とある突破力。

image


最近好んで使うのは攻撃が良くなったからです。オーバーラップが早い。
クロスよりは絞ってパスがベター。

image


CPがAなのでこちらに。DFは猛追するも及ばず。WT優勝メンバーだし特に驚くことはなし。

image


しつこいけど左利き。ブレシアで3バックやるなら今verは左CBはダイネッリを推します。やはり左利きなのは大きい。スピード、パワー、ハイボール、バランスいいです。優秀なストッパーです。

image


数値から受ける印象よりはずっと堅実な守備をします。たまに上がるのがね…。そっから2アシストはバッジョにロングスルーパス笑
控えに入れるのはハイボール要員です。ジャンプのタイミングがいい。再奪取されやすいのはご愛嬌。

image


まあ数値はトータル80くらいのミランと変わらないと思います。違いはあまりオーバーラップしないくらい。

image


久しぶり。やたら三択が出る。
マメーデさん曰く、当たりが多い追加の中でも特に優秀な1枚。飛び出しも慣れたら気にならないです。

image


ドッセーナさん。多分ヘンダーソンの位置です。KPラインブレイクなら底からもいけまっせ。シャビ・アロンソトップ下はないだろー笑
と突っ込んでみる。