カテゴリ: FW

image


4-2-3-1の1、もしくは4-2-2-2のSTです。
基本的には後半、もしくは後半途中ら。
SSはオフェンス45分。
三択は役割協調性。

育成に手間がかからず、時々長所をやれば楽に複数アップすると思います。

序盤からコンディション、プレーの安定感が高くコンスタントに得点を決めてくれます。
裏面と役割見るとシュートチャンスでパスしてしまいそうですが。

実際使ってみるとストライカーです。
ポジショニングとパスの受け、ゴールへ向かうトラップが非常に上手く、とくに後ろ向いてジャンプからの胸トラップで前を向いたら、あーら不思議な回転ドア。ディフェンスと入れ替わってGKとこんにちは。

ドリブルもスピードこそないものの相手をしっかり見ている印象で、運ぶドリブルはイマイチですが、ゴールに向かう最後のドリブルは数値から受ける印象より突破力は高いです。

シュートは左右、頭、クロス対応、抜け出し、とどれも高水準です。
ポジショニングとトラップが上手いので、ゴール前にパスを出せれば高確率で打てます。

あまりアシスト伸びていませんが組み立てには比較的参加してました。
下がってきてパスを受けてはシンプルに捌き、自らはゴールを、スペースをめがけて走り込んでいました。フローレス経由することにより、ボール、チームが押し上がる、特に流れが悪い時には組み立てに参加することでリズムが変わる印象でした。
結構攻撃が糞詰まりな時はフローレスに回してました。

ここ一番での勝負強さも持ち合わせ、同点、逆転ゴール、を終了間際に決めることもしばしばありました。GTでもその場面が多くあまりに決めすぎるので、「仮想が目立つのもな…」と使うのをためらって使わなくなったくらいです。

カテゴリー、数値、を考えたら16-17のベストFWの候補になりそうです。


2014年駅に置き去りにされた男児を養子にしてます。

image


GTは40試合ほどです。


何と言っても特徴はトップスピードの速さ。
抜け出し、ドリブル、速いです。
まずまずのパワーも持ち合わせ簡単には負けません。
シュートは正面より角度がある所から突き刺す方が得意そう。
頭はお察しあれ。

何でもできるFWではなくS級、対人となると通用するプレーは少ないです。
特徴を生かし使わないと凡用なFWに成り下がります。やや使いずらい感じです。
プレーの幅が狭くピーキーな分ハマれば
強力です。

スルーパスに対するレスポンス、ボールを置く位置は抜群で最も得意とする形。
反面、スペースのない引いた相手には非常に分が悪いです。ハイライン、ハイプレスな対人の方が意外と抜け出すことも。
特に中盤高い位置でボールを奪った時の走り出しは見事です。前に前に蹴り出すドリブルは非常に早く追いつかれません。

前に蹴り出すドリブルをするので、密集地帯を抜けることは出来ないです。引っかかります。引いた相手にはサイドに開いて人が少ない所から、加速をつけ内へ内へ斜めに。トップスピードのドリブルでは軽いフェイントを織り交ぜ抜いていきます。
とにかくトップスピードに乗る距離とスペースがないと中々活躍は難しいです。

仕掛けるスタイルとKPの影響からかスタミナの減りは非常に早く、序盤は時にハーフで半分以下に。チームと自身が育てばダイナモなしでもいけます。あとは出来るだけ組み立て段階ではボールを回さない。フィニッシュに特化。

バックトゥバックにするとドリブルのキレが増します。エッジの効いた鋭いドリブルはブーストとの相性はいいです。1試合眠っていともワンプレーで試合を決める勝負強さを感じます。
また、ゴールパフォーマンスも非常にかっこよく、歓声も「バーディ」と聞き取りやすくテンション上がります。

黒も使いましたが癖がなくレアより使いやすいです。

万能性はないですがスピード感あるプレイスタイルは爽快です。相方にはスルーパスを出せる人をお忘れなく。

↑このページのトップヘ